行政の方へ

意欲に満ちた人材、活力あふれる組織地域住民のより豊かな暮らしのために

go_consulting_ph01-2

●住民の暮らしを支えるコミュニケーション力

行政における主役は、誰よりもまず住民のみなさまです。すべての住民が、平和に、安心して、心豊かに日常生活を送るための環境づくりこそ、行政に求められる役割であると考えています。

その基礎として、総合的なコミュニケーション力・サービス力を高めることが欠かせません。住民のみなさまの希望や願いをよりよく受けとめる情報収集力や洞察力、さまざまな要望に迅速に対応できる機動力や連携力、将来を見据えて地域の需要をいち早くつかみ、態勢を整える先見力や創造力など、さまざまな力が要求されます。

こうした力を培うべく、薮原秀樹(やぶちゃん)は「わもん」を駆使してサポートさせていただきます。お一人お一人のお話を徹底的に聞くことにより、ご自身の心の奥底を見つめながら、気づきの力や課題を乗り越える力、新たな発想を得る力、ものごとの本質を見抜く力の向上を支えます。

●すべての職員にやりがいと幸福感を

住民のみなさまに納得・満足していただける力を備えた職員が育つためには、まず職員同士が、互いに信頼し、助けあい、高めあえる円満な関係を築いていくことが重要です。そうした職場環境の中で、職員お一人お一人が、日々の仕事に充実感や達成感、ともに成長していく喜びや幸福感を味わえることが大切です。

「わもん」コンサルティングを受けつづけていくと、お一人お一人の「わもん力」も高まっていきます。人の話をしっかりと聞き、言葉の背後にある本当の思いをしっかりと受けとめることによって、円滑なコミュニケーションが可能となります。

人間関係が良好な組織は、おのずと明るく活気ある雰囲気となります。笑顔で、いきいきと働く人たちの雰囲気は、住民の方々にも伝わっていきます。互いに気持ちよく接することができ、思いやりの心も深まっていきます。サービスを提供する人と受ける人が、互いに尊重しあえる関係が生まれれば、さらに仕事のやりがいも高まるでしょう。

●自発的に動きだす人が育つ「わもん」

go_consulting_ph02「わもん力」は、円滑なコミュニケーションを支えると同時に、お一人お一人が、自分を冷静に、客観的に見つめ、「誰のため、何のため」という仕事の本質を的確にとらえて、真に人々の幸福に貢献できる働き方を自ら発見し、創造していく力を培います。指示・命令に従うだけでなく、自ら気づき、考え、行動できる力が養われていきます。

すべてはまず、薮原秀樹がじっくりとお話を聞かせていただくことから始まります。あらゆるお悩みや課題をお話しください。職場の状況やみなさまのご希望をしっかりと把握したうえで、最適な態勢や方法をご提案させていただきます。

グループディスカッションにおける「わもん」ファシリテーションや、「わもん」個人面談、初心者から実践していただける「聞く力養成講座」など、さまざまな実績がございます。

行政コンサルティングのご依頼

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

住所(必須)

電話(必須)

メッセージ本文